「空の境界」コラボ(復刻版)。高難易度クエスト「終末録音・決」もクリア![FGO]

 2018/2/15のメンテ明け~2018/2/28のメンテ開始の期間中、「空の境界」コラボイベント(復刻版)が開催。

コラボレーションイベントリバイバル「復刻版:空の境界/the Garden of Order -Revival-」開催!

「空の境界」コラボ(復刻版)の概要。
FGO公式より

 節分イベントが終了した直後のメンテが明けると、バレンタイン2018イベントが開催。そして、バレンタイン2018イベントが終了した直後のメンテ明けからは、「空の境界」コラボ(復刻版)が開催と、ここ最近のFGOは、イベントラッシュ状態です。

 連続してイベントを開催することから、FGO運営は頑張っていると思いますが、間を空けずにイベントが続くのは、さすがにきついです。ユーザーもサーヴァントも、英気を養う期間が欲しくなる。

「空の境界」は、Fateシリーズの原作を出している型月の過去作品の1つです。なお、「空の境界」の読み方は、「からのきょうかい」です。ガチの型月ファンでなければ、「そらのきょうかい」と読んでしまう。

「空の境界」の原作についてですが、私はこのFGOのコラボイベントで初めて存在を知ったくらいなので、よくわからないです。機会があったら、レンタルDVD店で、「空の境界」を全巻まとめて借りてきて観ようと思ってます。

「空の境界」コラボは、特異点として出現した「オガワハイム」(「空の境界」原作でいうところの、小川マンション)にサーヴァントが引き寄せられて住み着いてしまい、レイシフト先で出会った両儀式(「空の境界」の主人公)とともに、「オガワハイム」の各部屋を探索しながらサーヴァントを連れ戻す話になっています。

 システムについてが、昨年開催されたメカエリイベントと同様な、ミッション達成型になっています。特定の敵を規定数倒す、特定アイテムを規定数集めるなどのミッションを達成すると、報酬がもらえるとともに、新しく探索できる場所が開放されます。そして、イベントを進めていくことで、配布サーヴァントの両儀式(☆4アサシン)が正式加入します。

「空の境界」イベントの進め方。

 そして、毎回の期間限定イベントに登場するアイテム交換所ですが、今回の「空の境界」コラボでは、両儀式の「伽藍の堂へ~」から、「空の境界」本編で橙子が経営していた会社「伽藍の堂」がアイテム交換を担当しているようです。もっとも、「橙子の店でも~」みたいなセリフがあることから、橙子がやっている「伽藍の堂」とは別物らしいです。当然、橙子さんは登場しないです。

「伽藍の堂」でアイテム交換。

 今回の「空の境界」コラボについても、ストーリーのクエストについては、サポートとマシュ以外低レア(☆3以下)編成で試してみました

「空の境界」コラボのストーリークエストを最後まで回ったところ、ストーリークエストに出現する敵はそれほど強くなかったこともあって、サポートとマシュ以外低レア編成でも余裕でした。さらに、八階一号室のノッブ戦、焼却炉跡でのHP666万のゴースト戦、全ミッションを済ませると出現する月下美人(アルトリア)戦を除き、最少ターンでのクリアも達成できました。

 五階四号室をクリアしたところで、両儀式が正式加入!

配布サーヴァント両儀式(☆4アサシン)が正式加入!

「空の境界」コラボの復刻版では、屋上の月下美人戦をクリアし、さらに第1部を最後まで終わらせていると、高難易度クエスト「終末録音・決」が出現します。この「終末録音・決」クエストには、剣両儀式と、「空の境界」の登場人物の1人であるキリエ(巫条霧絵)が出現します。

「終末録音・決」に出現する敵は2体ともセイバーなので、アーチャー中心のパーティーにします。まず、急いでキリエを倒し、その後、バスター攻撃でチャージを減らしながら、剣両儀式のHPを削っていきます。最後のゲージになると、陰陽魚で大回復してくるので、なかなか削りきらせてくれない。パーティー編成を色々変えながら試しているうちに、何とかクリアできました。ノーコン、ノー令呪です。

 しかも、クリアしたときのパーティーは、マシュとゲストの藤乃以外、低レア(☆3以下)サーヴァントの編成になってました。

 最後に、ミッションを通して、配布サーヴァント両儀式の最終霊基再誕と宝具レベル上げは済んだものの、レベルは70で止まったまま。期間限定イベントが開催されていないときに種火を回って、最大の80まで上げておきたいです。

両儀式の宝具上げが完了!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする