第2部第1章 永久凍土帝国アナスタシア攻略3 カドック登場。令呪を使ってくる。[FateGO]

 パツシィが抜けた状態で、叛逆軍の砦に帰還したカルデア一行。砦に戻ったところで、アタランテから新しい任務を依頼されます。ヤガ・トゥーラに殺戮猟兵(オプリチニキ)と一緒に敵側のサーヴァントが派遣されたらしいということで、カルデア一行がヤガ・トゥーラに出向くことになります。

ヤガ・トゥーラに、敵サーヴァントが派遣される。

 道中に出現する魔獣を倒しながら、ヤガ・トゥーラに向かう一行。その途中で、イヴァン雷帝の力のすさまじさを目にします。

イヴァン雷帝の恐るべき力。

 目的地であるヤガ・トゥーラに到着したカルデア一行。調査しているうちに、アマデウスを名乗るサーヴァントと遭遇。そのまま戦闘に突入します。

アマデウス・オルタと遭遇。

 アマデウス・オルタのクラスはアヴェンジャーなので、BBちゃん(ムーンキャンサー)かバーサーカーでなければ弱点を突くことができない。今回はサポートにBBちゃんが出ていなかったので、絆装備持ちのヘラクレスを選択。

 wave3では、アマデウス・オルタとともにゴーストが出現しますが、戦闘終了時にゴーストが残っていると、消滅させてアマデウス・オルタのバフになってしまう。このため、戦闘終了時にゴーストが残らないように、毎ターン全体宝具でゴーストを片付ける。ゴーストが打ち止めになったら、アマデウス・オルタのゲージを削っていく。

 アマデウス・オルタを倒したところで、ロシア担当のクリプターであるカドックが登場。カドックによって、アマデウス・オルタが同時代の音楽家であるアントニオ・サリエリであると明かされます。その後で、カルデア一行に対して殺戮猟兵(オプリチニキ)を向かわせます。

ロシア担当のクリプター、カドック登場!

 殺戮猟兵(オプリチニキ)たちを片付けたところで、カドックがサーヴァントを呼びます。登場したサーヴァントは、第2部序章において、一行がカルデア本部で戦ったことがあるアナスタシアでした。

アナスタシア再び。

 この戦闘では、初登場のギミックとして、敵側のマスターが令呪を使用することによって、敵サーヴァントにバフを付与してきます。

 ゲオルギウスとマーリンで耐久しつつ、単体宝具持ちライダーである牛若丸でアナスタシアを攻撃。牛若丸が2回目の宝具を使用したところで、アナスタシアのゲージを全て削りきれました。

 アナスタシア戦が終わると、正気に戻ったサリエリを連れ、一行はヤガ・トゥーラを脱出します。

 叛逆軍の砦に戻る一行。途中の野営地で、サリエリを交えて異聞帯などについて情報交換します。その後、サリエリが条件付きですが、一行の仲間に加わってくれます。

サリエリを交えて、異聞帯などについて情報交換。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする