「真の顔」イベントを済ませたことで、DEMイベントは全部完了しました[DEM検証]

 オートマタ合体イベントが済んだので、最後のDEMイベントである「真の顔」イベントを始められるように、EPクエを消化するなどしてベースLvを100まで上げておきます。

 ベースLvを100にした状態でDEMカスタマイズ部屋に行くと、どうやら装置の調子が悪いらしいということで、クォーク博士 とDEM何でも博士が装置に向き合ってます。ここで、クォーク博士に話しかけると、クォーク博士が装置を叩き、その直後にDEMチュートリアルでお世話になったDEMのNS4410が装置から出現します。

eco_img0312.JPG

 数百年前のDEMであるFM-9000(フシギなメイドさんに転生する前のDEM)のデータが、最近になって頻繁にデータベース上でやりとりされているらしく、FM-9000がまだ稼動しているのでは?ということで、NS4410がこの世界に調査に来たということらしいです。

eco_img0313.JPG

 NS4410の依頼を受ける前に、クォーク博士に話しかけてパーツを装備したり、DEMICを組みなおしておきます。それから、属性ストームのスクロールもいくつか持って行きます。準備ができたら、NS4410の依頼を受けて、地下遺跡へと向かいます。

 地下遺跡を進んでいくと、何やらドーム状の怪しい装置があります。この謎の装置を調べていると、突然装置が起動してしまいます。

eco_img0314.JPG

 しばらくすると装置が止まりますが、どうも様子がおかしいです。地下遺跡から外に出ると地下浄水施設らしき所に出ますが、NS4410は「来た時に比べて建物の劣化が進んでいない」みたいなことを言います。

eco_img0315.JPG

 地下浄水施設のハシゴを登るとダウンタウンに出ますが、いつものダウンタウンとは違う雰囲気です。街の中を回って聞き込みをすると、物資の補給がどうのこうのみたいな話も…。一通り聞き込みを済ませると、初期のDEMイベントに登場したクロードと出会います。ということは、エミル界がDEMと戦争状態になっていた数百年も前の時代に飛ばされていたことになります。

eco_img0316.JPG

 現代に戻るために装置のところまで戻ろうとしますが、道中で謎のDEM集団に遭遇します。このDEM集団はどうやらFM9000を破壊して歴史を変えようと企んでいるようです。現代に戻ることはひとまず置いておいて、このDEM集団からFM9000を守るために急遽引き返すことになります。

eco_img0317.JPG

「キカイのココロ」イベントで起こった出来事をNS4410と一緒に遠巻きに見守ります。クロードが襲い掛かってきたFM9000を返り討ちにしたところで、例のDEM集団の登場です。自分の手でFM9000を破壊できなかったDEM集団が襲い掛かってきて、ここで戦闘に入ります。

eco_img0318.JPG

 戦闘に入ったら、すぐにマシナフォームに変身してから属性ストームのスクロールを連打していきます。VITを十分に確保していれば左DEF確保に加え、自動回復力もアップするので簡単にやられなくなります。敵DEMは結構タフなので、属性スクロールを5つほど消費しました。

eco_img0319.JPG

 DEM集団を倒したら、現代に戻るために地下遺跡の装置の所に移動します。装置の所に着くと再びDEM集団が出現したので、NS4410が(私の検証用DEMを)現代に送り返したのを見届けてから装置を破壊し、その後合流したクロードとともにDEM集団に向かっていきました。

 現代に戻ってから地下遺跡を抜け出してダウンタウンに戻ってくると、クレアというクロードに似た雰囲気(90軍服を着ているところも一緒)の女の子が待っており、手紙を渡されます。この手紙は過去の時代に残ったNS4410からのものであり、ギルド元宮の5階に来るように書かれてありました。

eco_img0320.JPG

 ギルド元宮5階のピボットのいる部屋に入ると、NS4410と再会し、過去に残ってからの出来事をやこの部屋のことを語った後に、Lv100パーツを渡されます。

 NS4410からもらったLv100パーツを装備してみました。Lv100の顔パーツを装備すると、ノーマルフォームの顔が反映されるので、マシナフォームでも髪型や表情の変更を生かすことができるようになります。しかしながら、このLv100パーツは普通に削れる上に限定品のために狩りでの使い勝手はそれほど良くなさそうです。DEMで狩りをする場合は、他キャラ憑依可能&再合体で耐久度回復可能なセット・ユナイトフォームのほうが断然使いやすいです。Lv100パーツは街中での会合や、装備が削れない演習でノーマルフォームの顔を出したい場合に使うことになりそうです。

eco_img0321.JPG

「真の顔」イベントはこれで終わりです。そして、「真の顔」イベントまで済ませたことによって、DEMイベントはこれで全て完了したことになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. エル より:

    DEMイベント終了お疲れ様です
    これ以降は現在DEMに新展はありませんので本当に全て完了ですね
    属性スクロールで倒すというのは有益な情報になりました。いつかDEMで真の顔イベントに挑戦する事になったら参考にしたいと思います

  2. 萌えの軌跡 より:

    >エルさん
     いつもコメントどうもです。
     今のところは「真の顔」でDEM関係のイベントは終了みたいです。そして、「真の顔」が終ったLv帯から難易度が上がってくるので、ここまでが長いDEMチュートリアルと言えなくもないです。ここまでのDEMイベントを消化していくことによって、DEMのシステムを一通り把握してもらうように思えます。

     属性スクロールはスキルLv5でストームやブラストが使えてしまいます。DEMICにストームやブラストのスキルを組み込まずに属性スクロールを使うようにすると、その分スペースを浮かせられるので、ステータスをさらに上乗せできるようになります。特に序盤~中盤はDEMICのスペースに余裕がないので、属性スクロールがあると助かります、その一方で、属性スクロールを用意するには、スクロール作成スキルを持つさらたんと、召喚石などの材料を確保するための費用が必要になる面もありますが…。

    「真の顔」イベントをすることになったら、上手くいくとよろしいです。

     ではでは。