こんぺいとうを10,000個集めて、「ウルのワクワクハート」がもらえました[ECO・イベント]

こんぺいとうを集めて納品すると、パートナー装備の「ウルのワクワクハート」その他のアイテムがもらえるイベント「ウルと4つの花とこんぺいとう」が、7/23のメンテ明け~8/6のメンテ前の期間中に開催されます。

タイニーアイランドにいるロウゲツに話しかけると、「ウルと4つの花とこんぺいとう」のイベント専用のダンジョンに入れるようになります。このダンジョンはキャラクター別に生成されるため、他の方とこんぺいとうを取り合ってトラブルになる心配がありません。

イベント専用ダンジョン内にいるmob(スターナイトフィッシュ/はぐれスターナイトフィッシュ)を倒すには、専用装備の気合のスカリが必要になります。気合のスカリをウルから受け取ったら、試しに近くにいる スターナイトフィッシュ/はぐれスターナイトフィッシュを何体か倒してみました。

イベント専用ダンジョン内にいる「スターナイトフィッシュ」を倒すとこんぺいとうを1個ドロップ、「はぐれスターナイトフィッシュ 」を倒すとこんぺいとうが1~10個ドロップします。こんぺいとうのドロップにはキャラクターが持つ知識スキルが影響せず、どのJOBのキャラでスターナイトフィッシュ/はぐれスターナイトフィッシュ を倒してもドロップは変わらなかったです。

こんぺいとう集めに知識の影響が無いことから、知識持ちのキャラがいない(金インスクエ使わない)ために、アイテムドロップふえーるの在庫が大量にあるアカウントのキャラを使うことにしました。このアカウントには、もてなしタイニーからもらったアイテムドロップふえーるが、6個入り×15セットもありました。

今回使ったキャラは、3次105/50のイレイザーです。可能な限り高速で攻撃できるように、ステータスを振りなおしてASPDを800まで上げました。そして、ネコマタ杏を連れ歩き、効果が切れないようにディレイキャンセルネコマタ杏に使わせます。

eco_img0618.jpg

アイテムドロップふえーるを使って、このイレイザーでこんぺいとう集めをしたところ、効果が切れるまでに集めることができたこんぺいとうは2,000個程度でした。アイテムドロップふえーるを使わない場合は、1時間につき1,000個集められる計算になります。

他のアプリを回ったり、身の回りのことを片付けたりしていたので飛びとびにはなりましたが、5個目のアイテムドロップふえーるを使ってこんぺいとう集めをしたところで、ようやく「ウルのワクワクハート」をもらうのに必要な10,000個確保することができました。

eco_img0619.png

必要な数を集めたら、次はロウゲツの近くにいるウルにこんぺいとうを納品します。倉庫から運べる分だけのこんぺいとうを持って、ウルの所に向かいます。

eco_img0620.png

最初に1個だけこんぺいとうを納品した後、次からはまとめてこんぺいとうを納品できるようになります。しかしながら、1度に渡せる最大数は500個で、手持ち分を一度に全て渡せないので面倒です。

eco_img0621.png

こんぺいとうを500個づつ20回納品を済ませて、納品したこんぺいとうの累計が10,000に達したところで、「ウルのワクワクハート」をもらうことができました。

eco_img0622.png

「ウルのワクワクハート」は、次のようなアクティブスキルを所持しています。

ラウドソング…放射状範囲に音波攻撃。わてたんの同名スキルと同じ。
せ~の!…守りを考えず全力で斬りかかる。右(減算)DEFを無視した攻撃。剣士のリミテイションエッジと同じ。
負けないぞ!…物理攻撃を一定回数無効化する。さらたんのソリッドオーラと同じ。
くらえ~っ!…対象に無数の魔法の剣で攻撃。さらたんのダンシングソード(もしくはレイビングソード)と同じ。
ラウズボディ…対象のSTR,VIT,AGIをアップ。わてたんの同名スキルと同じ。
ウルが助けるぞ!…自分を中心とした範囲を回復。わてたんのエリアヒールと同じ。
リザレクション…行動不能から回復。わてたんの同名スキルと同じ。

なかなか優秀なスキルを持っています。「ウルのワクワクハート」に支援させれば、初期状態のアクティブスキルだけでも戦闘がかなり楽になりそうです。

こんぺいとうを10,000個集めて、1体目の「ウルのワクワクハート」をもらうことができましたが、すっかり燃え尽きてしまいました。再びこんぺいとうを集めて2体目を狙うかどうかは、少し休んでから考えることにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. こんにちは、通りすがりです。 より:

    公式
    「条件」は30個、スキルや動作などの「行動」は20個まで覚えさせることができます。