赤ソニアのスキル上限アップで、「継界召龍陣・火闇」をボス戦に間に合わせやすくなります。[パズドラ]

 パズドラ運営から、7/30に実施予定のアップデートについての発表がありました。

 7/30に実施されるアップデートでは、赤ソニアなど一部モンスターについて、スキルレベル上限の引き上げが行われます。スキルレベル上限がアップすることにより、さらにスキルレベルを上げることで、より短いターンでスキルを使用することが可能になります。

 
 赤ソニアの現時点でのスキルレベル最大は6であり、スキルレベルが最大の6であれば、「継界召龍陣・火闇」を使うのに15ターン必要になります。

 7/30に実施されるアップデートにより赤ソニアのスキルレベル上限が2引き上げられるので、最大8までスキルレベルを上げられるようになります。スキルレベルが8であれば、「継界召龍陣・火闇」を使うのに13ターンで済むようになります。さらに☆6の現世の赤龍喚士・ソニア以上進化していれば、スキルブーストの覚醒スキルを2つ身につけられるので、スキルレベル8でスキルブーストが2つあれば、「継界召龍陣・火闇」を使用するのに11ターンまで短縮できます。

「継界召龍陣・火闇」を使用するのに必要なターンが11まで短縮できることから、戦闘回数が10回のダンジョンであれば、十分にボス戦までに「継界召龍陣・火闇」を間に合わせることが可能です。戦闘回数が7回のダンジョンであっても、チームにスキルブースト持ちのモンスターを入れたり、道中のスキルを溜めやすいところでスキルを溜めたりするなど多少の頑張り次第で、ボスまでに「継界召龍陣・火闇」を使用可能にできそうです。

 先日、赤ソニアにホノピィを投入することで、「継界召龍陣・火闇」のスキルを現行の最大である6まで上げています。「継界召龍陣・火闇」を使用できるターン数をさらに短縮するためにも、キャンペーンなどで新たにホノピィを受け取ったら、赤ソニアのスキル上げに投入していきます。

Pdr_img0832.png

 7/30のアップデートでは、赤ソニアの他に、青ソニア、緑ソニア、アヴァロンドレイク、白獣魔・イルムのスキルレベルの上限がアップします。これらのモンスターは全て現行のスキルレベルが6であり、それぞれ2引き上げられることで、新しいスキルレベルは8になります。

 それから、7/30に実施予定のアップデートでは、赤ソニアなどのスキルレベルの上限引き上げに加えて、新たに国造の神・オオクニヌシと光明神・アポロンが究極進化できるようになります。

 国造の神・オオクニヌシが究極進化して鎮撫の国造神・オオクニヌシになると、水属性が副属性として付くとともに、副タイプが体力タイプ→攻撃タイプに変更されます。加えて、新しい覚醒スキルを3つ(スキルブースト×1、2体攻撃×2)身につけられるようになります。

 国造の神・オオクニヌシは、究極進化で副タイプが変更されるので、これまで体力パで国造の神・オオクニヌシを運用していた方は注意が必要です。

 光明神・アポロンが究極進化して渾天の光明神・アポロンになると、 水属性が副属性として付くとともに、副タイプに攻撃タイプに変更されます。加えて、新しい覚醒スキルを3つ(2体攻撃×1、光属性強化×2)身につけられるようになります。

 光明神・アポロンは、究極進化で新たな副タイプが付くことで、運用の幅が広がると思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする