アナザークロニクル「闇と獣の侵略者」をソロ攻略

11/17~11/20の4日間、時間帯限定でアナザークロニクルのEXキャプチャーをクリアしたときにもらえる報酬経験値が1.5~3倍にアップする「EXキャプチャーフィーバータイム」が催されました。

アナザークロニクルのチュートリアルである「知りたがりの少女」をクリアして、本番のEXキャプチャーを選択できるようになってましたが、パートナー(旧ペット)がほとんど育っていなかったので、これらのEXキャプチャーを回れる状態ではありませんでした。このことから、「EXキャプチャーフィーバータイム」が開催される数日前から、集中してパートナー育成ばかりやってました。

「EXキャプチャーフィーバータイム」の初日になって、ようやく転生済Lv80以上のパートナーを4体確保できたので、2日目のフィーバータイムからEXキャプチャーを試すことにしました。

最初のEXキャプチャーである「闇と獣の侵略者」を選択。これは、アルカード・ロアとバステト・ロアの話です。今回は、外キャラのFo(ふぉまたん)に、St(ストライダー)を憑依させた、2PCソロで攻略しました。

EXキャプチャーに入るときに、連れ歩くパートナーとは別に、ユニットに入れるパートナーを選択できます。ユニットには、プリンセスヴァルキリー、聖王アーサー、赤アルティを入れます。

それから、アナザークロニクルのEXキャプチャーは、ロアたちが倒されると、そこで失敗となって、キャプチャーから放り出されるので、ロアたちのHPにも気を配る必要があります。ロアたちのHPを回復できるように、範囲回復アイテム(みんなのカレーや各種ピザなど)を十分に持ってから、EXキャプチャーに入りました。

「闇と獣の侵略者」は、アルカードアナザーとバステトアナザーに率いられた軍団から、(トンカに似た)街を防衛する話になってます。

eco_img706.png

「闇と獣の侵略者」の1MAP目は、ピーノ像の防衛です。ピーノ像が期限まで壊されないように、押し寄せる敵モンスターを迎撃していきます。

eco_img707.png

ここで、Stのビレッジアクト(Lv1)があれば、効果時間中に攻撃された場合に、一定確率でHPを回復してくれるので、パートナーやロアかなりやられにくくなります。パートナーやロアのビレッジアクトを切らさないように気をつけながら、バリケードに近づく敵モンスターを倒して回ります。

残り時間が55:30ぐらいになると、テイルシューターが猫砲台とともに出現します。テイルシューターが目的地(十字路の中央)にたどり着いて猫砲台が発射されると、バリケードが受けるダメージが増えて破られやすくなるので、全力でテイルシューターを倒して、阻止する必要があります。

eco_img708.png

テイルシューターが目的地に着くまでに倒すことができると、1MAP目終了まで、バリケードが受けるダメージが軽減されて、破られにくくなります。そして、1MAP目の中目標を1つ達成したことになります。

猫砲台の発射を阻止できたら、バリケードの所に戻り、期限まで敵モンスターを倒して回ります。バリケードが破られたら、急いでピーノ像の所に行き、像を攻撃している敵モンスターを片付けます。

期限までピーノ像を守りきることができれば、敵モンスターの攻撃が止むとともに、次のMAPに進むためのWPが出現します。ここで、すぐにWPに飛び込まず、中目標の対象である、血飛沫の親衛隊 と側近スフィンクスを倒してきます。

血飛沫の親衛隊は、猛毒スキルを使ってくるので注意が必要です。猛毒スキルを使われたら、範囲回復アイテムを使って回復して、ロアやパートナーが倒されないようにします。

eco_img709.png

側近スフィンクスは、それほど問題なく倒せました。

eco_img710.png

血飛沫の親衛隊 と側近スフィンクスを倒すと、1MAP目の中目標は全て達成なので、赤WPに飛び込んで、次のMAPに進みます。

2MAP目は3つのパターンがあり、今回はバステトオベリスクを破壊するパターンでした。

このMAPでは、アルカード・ロアがピーノ像の所に残り、バステト・ロアがオベリスクの隠されている場所に移動します。アルカード・ロアが倒されないように、ビレッジアクト(Lv1)やディバインバリアを使ってから、バステト・ロアを急いで追いかけます。

バステト・ロアの近辺をしばらく飛び回っていると、バステトオベリスクが取り巻きのでかフリッカーテイルとともに出現します。グレアーを叩き込むことで、取り巻きのでかフリッカーテイルを片付けながら、バステトオベリスクにダメージを与えていきます。

eco_img711.png

バステトオベリスクを破壊すると、次のバステトオベリスクが隠されている場所にバステト・ロアが移動するので、急いで追いかけていきます。

5つ目のバステトオベリスクを破壊すると、次のMAPに進むための赤WPが出現します。このMAPでもすぐに赤WPに飛び込まず、中目標を達成していきます。

このMAPの中目標は、ホーリーバットとジノの救出、寝ている兵士を起こすの3つです。

ホーリーバットとジノはかなり強いので、救出に向かうのが多少遅くなっても大丈夫です。救出対象のホーリーバットとジノは中立モンスター扱いで、こちらの攻撃も当たるので、巻き込まないようにフォトンランチャーを使って、周囲の攻撃している敵モンスターを1体づつ片付けていきます。全部片付けると、仲間になってくれます。

eco_img712.png

寝ている兵士は、北東の住宅街(139,153)に出現し、キャラクターで触れれば起こせます。

eco_img713.png

中目標3つ全て達成したら、赤WPに入り、次のMAPに移動します。

3つ目のMAPはボス戦です。今回は、アルカードアナザーとバステトアナザー2体を相手に戦います。

パートナーとロアたちにビレッジアクト(Lv1)他のバフを使ってから、ボス2体への攻撃を開始します。

パートナーやロアたちにボス2体を引きつけてもらい、少し離れた場所からグレアーを何度も叩き込んで、ボスのHPを削っていきます。

アルカードアナザーのHPが半分を切ると、ゼーレゲリヒトでバフ解除+憑依解除してくるようになるので、注意が必要です。ここでアナザーブック開放を行い、アナザークロニクル状態になります。アナザークロニクル状態であれば、バフ解除は防げるようになります(憑依解除は防げないので、ゼーレゲリヒトに巻き込まれないようにするのは変わらない)。

eco_img714.png

それから、ゼーレゲリヒトでロアやパートナーのバフが剥がされたら、急いでバフをかけなおしたり、範囲回復アイテムでHPを回復します。

アルカードアナザーとバステトアナザーの両方を倒すと、このEXキャプチャーのエピローグの会話が流れるとともに、ゴール部屋への赤WPが出現します。ロアたちの会話を最後まで聴いてから、赤WPに向かいます。赤WPに飛び込んだ時点で経験値報酬が付与されるので、直前に育てたいパートナーに切り替えておきます。

ゴール部屋への赤WPに入ると、通常は70Mの経験値(職業経験値、ページ経験値も同じ)がもらえます。これはクエスト報酬と同じ扱いらしく、ECO LightGGやブリーダーブローチ、エキスパンドの効果も反映されます。

今回は2倍フィーバーでECO LightGG起動だったので、160Mの経験値が入りました。かなり美味しいです。普通に狩ったのでは、30分程度で、ここまでの経験値には届かないです。

eco_img75.png

ゴール部屋には、宝箱が5つあります。このうちの金色の宝箱からは、達成した中目標が多いほど、出てくるアイテムが良くなるようです。

宝箱を攻撃して開封したら、アルカードの紙片が出てきました。

eco_img716.png

それから、アンシュリーワンピースも!

eco_img717.png

宝箱から出たアイテムを全て回収したら、WPからロビーに戻り、EXキャプチャー「闇と獣の侵略者」は終了です。

その後も、フィーバーの時間帯が到来するたびに、「闇と獣の侵略者」を回って、紙片集め&パートナー粗朶手を続けてました。

それから、ふぉまたん1キャラで「闇と獣の侵略者」をクリアできるかも試しました。もっとも、最初から1キャラソロでの攻略を試みたというより、憑依させるストライダーのクエスト回数を使い切っていて、ふぉまたんしか入場できなかったからですけど(このため、ユニットも1つだけ)。

ふぉまたん1キャラソロの場合は、Stのビレッジアクトが使えないため、範囲回復アイテムを使って頻繁にロアたちのHPを回復する必要があります。それから、猫砲台発射阻止のためにテイルシューターを倒しに行く以外は、ピーノ像の前に陣取って、押し寄せる敵モンスターを片付けてました。それ以外については、2PCソロの場合と同様です。

eco_img718.png

そして、ふぉまたん1キャラでも3MAP目のボスを倒して、無事にEXキャプチャーをクリアすることができました。

ふぉまたん1キャラで回れたことを確認できたことで、育てたい別アカウントキャラ(EXキャプチャーに入場できる条件を満たしている)を憑依させて「闇と獣の侵略者」を回ることにより、そのキャラクターとパートナーに経験値報酬を入れて育てることができます。

こんな感じで、フィーバーの期間が終了するまで、アナザークロニクル「闇と獣の侵略者」ばかり回ってました。この3日間で、ふぉまたんとストライダーのそれぞれに3,000M程度の経験値が入り、それぞれのアカウントのパートナーもだいぶ育ちました。デュアルジョブがまだ決まっていないので、職業経験値が全く入らないのが残念なところ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする