修正後のAA

 アプデ直後は追い込みの疲れで休んでましたが、だいぶ疲れも取れてきたので、エンシェントアークに行ってアプデの影響を調べてみました。

 今回回ったのは、19-21階層、22-24階層、3次服キャプチャーです。110/50のふぉまたんが外で、中支援キャラとして商人やジョーカーを胸アクセ憑依という組み合わせです。

 使用したイリスカードは、キサラギR3×5(漆黒王の礼服に入れて、闇属性45を確保)、キクヅキR3×8(プラスエレメント用にウッドスピアに入れる)です。

 19-21階層は、ボスのクリティカル攻撃が多少痛くなったものの、温泉効果つけていれば十分に自動回復だけでも追いつく範囲でした。修正前と同様に、リフを切らさなければ問題なく倒せます。

 22-24階層についてですが、メイオウは直接攻撃が結構痛かったですが、十分に回復が追いつく範囲でしたし、メガダークブレイズは闇服着てればほぼ無効化できるので問題なし。コウオウは闇服に対し苦手な光攻撃をしてきますが、弱いので十分に許容範囲。デクライズしてきたら、光攻撃が苦手でなくなります。ひたすらグレアー連発であっさり倒せます。最後のロードオブエンシェントアークは、フォースマスターの弱体化とmobの右DEF/MDEF効果で固くなっていましたが、クラッターが入れば修正前とそれほど変わらないダメージを与えられるように。そして、魔法DCとなったオーバーワークを使うことで、連続して魔法攻撃をつなげられるようになったので、思ったより早く倒せました。使ってくる攻撃も4属性なので、闇服で十分に軽減できてました。それから、増援として出現する宝の守護者ですが、ホーリーライトがAnemoneの時に比べて、かなり弱体化されてました。MDEF89-150で属性値45の闇服着用の場合、Anemoneでは1発100前後のダメージでしたが、今回は1桁のダメージしか受けなかったです。

eco_img0098.JPG

 最後に3次服キャプチャーですが、こちらも特に問題はなかったです。闇服着ていれば、オートメディック改の自爆もほぼ無効化できますし、ジュブ=ニグラスの風属性スキルも軽減できます。修正前に比べてジュブ=ニグラスの攻撃が多少痛くなりましたが、十分に回復が追いつく範囲でした。

 ということから、AAの「忘却の果てに眠る者」と3次服キャプチャーについては、DEF修正後も十分に何とかなりそうです(今回は2PCでしたが、ふぉまたん1キャラのみでも問題なく行けそうです)。「忘却の果てに眠る者」の18階層までは未転生キャラのみの組み合わせでも可能かどうか試してみたいです(Anemoneではとりあえず大丈夫でした)。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする