金インス(よそもの行商人)クエストより美味しい、闇取引クエスト[ECO LightGG]

 ECO関係のブログを巡回していたところ、リーシャさんのブログでマーチャント系専用の闇取引クエストが美味しいことが触れられていたので、私も闇取引クエストを試してみることに。

 闇取引クエストはマイマイ島の昼MAPのテントにいる「匿名希望の木こり」からアイテムを受け取って、夜MAPのテントにいる「怪しいギャンブラー」に届ける運搬クエストです。

 マイマイ島にいるギルド商人(マーチャント専用クエなので)から「闇取引」のクエを受けたら、クエストカウンターのすぐ近くにあるテント(クエを受けていない場合は休んでHP・MP・SPを回復できます)に入ります。テントに入ると、頭にダンボール(?)をかぶった「匿名希望の木こり」がいるので、話しかけて「バオバブの木(クエスト)」を受け取ります。

eco_img0322.JPG

「匿名希望の木こり」からアイテムを受け取ったら、バオバブの森に入り、奥の森のギルドをめざします。「闇取引」のクエストは制限時間が10分と厳しいので、道中のmobはなるべく相手をしないで進むようにします。森のギルドに着いたら、森のギルド員に話しかけて休み、「散策する」を選んで夜のMAPに入ります。ここで「紫金の宝玉」を持っていると曇りのMAPに入ってしまうので、このクエストを始める前には「紫金の宝玉」を持っていないことを確認しておきます。

eco_img0323.JPG

 バオバブの森の夜MAPに入ったら、今度は来た道をそのまま引き返します。3次職であればドラゴがまとまって寄ってきても軽く倒せますが、mobの相手をしていると余計に時間を食うので、なるべくmobには構わないのが得策です。森の入り口に着くと、クエを受けている最中はWPが出現しているので、そこからマイマイ島の夜MAPに入れるようになってます。

eco_img0324.JPG

 マイマイ島の夜MAPに入ったら、クエストカウンター横のテントに向かいます。入り口に金インスが待機しているテントに入ると、中に「怪しいギャンブラー」がいるので、話しかけて「バオバブの木(クエスト)」を納品します。これでクエスト達成です。ブースト無しの場合、クエストを受けてから、アイテムを納品するまで6~7分ほどでできると思います。もう1つのテントで休むと昼MAPに戻れます。

eco_img0325.JPG

eco_img0326.JPG

 昼MAPに戻って、クエストカウンターに報告すると、報酬として480kのお金に加えて、妖精のキャンディを10個もらえます。10分で480kといえば、スキルの揃ったストライダーで金インスクエストを1回やってゲットできる金額と同じくらいです(アイテムドロップふえーるを使っていない状態)。

 さらに、この「闇取引」クエストは、急いでドロップ品を回収する必要が無いことに加えて、ECO LightGGやクエスト報酬が増えるキャンペーンの対象になるので、金インスクエよりも美味しくなります。EC OLightGGで闇取引クエストを達成した場合は、1.3倍の624kのお金が、さらにECO LightGGとクエスト報酬1.5倍キャンペーンの効果を組み合わせると1.8倍の864kのお金が報酬としてもらえることになります。

 それに加え、金インスクエストが1人づつしかできないのに対して、この闇取引クエストは複数のマーチャントを憑依させることにより最大4人まで同時に消化できてしまいます(憑依させるキャラは、全員それぞれ異なるアカウントである必要があります)。4人同時にこのクエストを達成すると、もらえる報酬は通常の場合で1.92M、ECOLightGGとクエスト報酬1.5倍キャンペーンの効果を組み合わせた場合は3.456Mのお金がわずか10分で確保できることに!!!これは美味しすぎます。闇取引クエが可能なマーチャントに金インスクエをやらせるのは本当に勿体無くなります。

  
 それから、闇取引クエで訪れることになるマイマイ島夜MAPにはスキルポイントイベントで会う必要があるカルゴンがいます。

eco_img0327.JPG

 このマイマイ島夜MAPは闇取引クエを受けていないと入れないですが、憑依させたキャラについては闇取引クエを受けていなくても外キャラと一緒に入場できるので、闇取引クエをやる場合には、スキルポイントイベントを消化するキャラを憑依させて連れ歩くようにします。カルゴンに話しかけると、1回目、2回目は眠らされて昼MAPに戻されますが(このため話しかけるのは、クエストのアイテムを納品した後にする必要があります)、3回目に話しかけるとスキルポイントがもらえます。スキルポイントを受け取った後は、カルゴンからマイマイの装束を売ってもらえるようになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする