ノービス1キャラでアンデッド城へ 

 イーストDの原初の森MAPは、馬(ベイヤール)が美味しいことに加えて、運搬クエスト「森に囚われた冒険者」&「囚われの冒険者からの注文」で行き来する方が多いために混みやすいです。

 というわけで、原初の森が混んでいる場合に、他にベースLv50~60で美味しそうな狩場がないか調べるためにアンデッド城に行くことにしました。

eco_img0540.jpg

 アンデッド城は闇属性mobが多いので、光コロンを大量に持っていくことは忘れないようにします。運搬クエで金策しても、そのお金が属性コロン代に消えていく…。

 アンデッド城に入ったら、青文字(格下)や緑文字(同格)のmobのいるエリアはスルーして、赤文字(格上)mobが出現するエリアに向かいます。現在のベースLvは60ですが、騎乗パートナーが育っていることもあって、イーストDではLv70のベイヤールを狩れるようになっています。このため、アンデッド城でもLvが70前後のmobを狙っていきます。

 訓練場(1F、2Fともに)は相変わらず混んでいます。アンデッド城の訓練場は、憑依キャラが中から攻撃するなどして新キャラ育成に使われることに加えて、大きいタンスなどを作るのに必要なワックスが拾える、さらに、ECO券のリニューアルでねばねばも貴重になったことで、人気が高くなっている場所の1つです。狩っている方の邪魔にならないように、他の場所へと移動します。

 3階の小ホールアベンジャー(Lv67)相手に戦うのが良さそうと思いましたが、先客がいたので4階の謁見の間に移動します。謁見の間は先ほどアベンジャーの他に、ドミニオン・アニムス(Lv71)、ドミニオン・マリシャス(Lv73)、ネクロアーマー・グランデ(Lv60)が出現するので、このうちのアベンジャーとドミニオン・マリシャス相手に戦います。ドミニオン・アニムスは鈍足にするスキルを使ってくるので、相手にしないのが得策のようです。

 謁見の間での狩りですが、アベンジャーはバイタリティダウンでこちらの防御力を下げてくる、ドミニオン・マリシャスは闇魔法が痛いですが、一度に大量に相手にせずに1体1で戦っている限りではそれほど問題なかったです。アベンジャーは1体あたり5,600/5,600、ドミニオン・マリシャスは1体あたりの6,300/5,760 経験値が入ってくるのでなかなか美味しいです。それよりも、これらのmobと戦っている最中に寄ってくるネクロアーマー・グランデがヤッカイでした。攻撃力が高いので、複数寄ってくるとこちらのHPが急速に減っていきます。しかも、こちらと同じLv帯のmobなので、現時点では経験値が美味しくなくなってます。

eco_img0541.jpg

 謁見の間は狩りにくかったので、他の場所を探してみます。3F大ホールや4F聖者の間(紋章紙必要)でドミニオン・マリシャスを相手にするのが比較的楽でした。ドミニオン・マリシャスを狩り続けているうちに、紫金の宝玉がドロップしました。これを持っていると、マザードラゴが出現する、曇っているバオバブの森に入れるようになります。

eco_img0542.jpg

 それから、聖者の間では一定時間ごとにデスゲイトが出現します。このデスゲイトと戦いましたが、HPは多いものの、攻撃はそれほどでもなかったので、周囲のドミニオン・マリシャスが大量に寄ってこないように気をつければ問題なかったです。デスゲイトはデクライズウエポンで攻撃属性値を消してくるので、コロンは使わないようにします。デスゲイトを倒すと、23,100/23,800の経験値が入りました。

eco_img0543.jpg

 騎乗パートナーが育ってきた(ベースLv55、パートナーランクSS)こともあって、アンデッド城でもノービス1キャラで格上mobを相手に戦うことができました。イーストDの原初の森が混んでいる場合は、こちらに来て狩っても良さそうです。それにしても、ノービス1キャラで格上狩りなど、ペットシステムのリニューアルで騎乗したままで経験値やドロップが入るようになる前は、なかなかできるものではなかったです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする