「ヘラ・ベオーク降臨!」(地獄級)をクリスマスヘラ&シヴァドラでノーコン。スキル封印対策が必要![パズドラ]

「ヘラ・ベオーク降臨!」がスペシャルダンジョンに出現していたので、地獄級フロアの方を試してみました。このダンジョンでドロップするヘラ・ベオークは、光属性からのダメージを大幅に軽減するリーダースキルを持つため、ここでヘラ・ベオークをゲットできれば、光属性の敵モンスターが多いダンジョン向けの耐久型パーティーを組めるようになります。

「ヘラ・ベオーク降臨!」(地獄級)の攻略は、リーダーをクリスマスヘラ、フレンドをシヴァドラにした火属性パーティー(火属性かつ神タイプのモンスターなら攻撃力15倍を出せる)で行いました。

L:聖夜のサンタクロース・ヘラ
F:破壊神・シヴァ=ドラゴン
S:焔剣の勝利神・フレイ
S:バーンフェニックスナイト・ホムラ
S:幻神・ミニおーでぃん
S:紅蓮華の女傑・エキドナ

【スマホに安心。タブレットに満足。信頼のバッテリーをお探しなら】

創樹妃 地獄級 第1戦
 疾駆の人馬・ケンタウロスが2体出現します。戦闘開始と同時に先制で3,000弱のダメージの攻撃をしてきます。

Pdr_img1256.png

 こちらのターンになったら、火ドロップの4個消しを作って、2体とも1発で倒します。

創樹妃 地獄級 第2戦
 世界樹の精霊・アルラウネが出現し、戦闘開始と同時に先制でこちらのHPを満タンまで回復してくれます。

Pdr_img1257.png

 ここも火ドロップの4個消しを作ることで、1発で倒せました。

創樹妃 地獄級 第3戦
 冥界神・アークハーデスが出現し、先制で5ターンの間ドロップ操作操作時間を1秒減らすスキルを使ってきます。

Pdr_img1258.png

 冥界神・アークハーデスにターンが回ると、「デスサイズ」(95,288 ダメージ)を使ってくるので(このパーティーでは1発で倒されてします)、それまでにHPを全て削りきる必要があります。火ドロップの4個消しを含むコンボを作りながら攻撃していきます。盤面の火ドロップが足りない場合は、火ドロップ変換スキルを使って確保します。これで何とか冥界神・アークハーデスにターンが回る前に倒すことができました。

創樹妃 地獄級 第4戦
 水天双極星・リヴァイアサンが出現します。先制で「海蛇龍の大渦」(こちらのスキルを10ターンの間封印)を使ってきますが、今回は弾くことができました。封印耐性はシヴァドラの1個だけだったので、弾ける確率は20%。本当に運が良かったです。

Pdr_img1259.png

 スキルが使用可能なので、エキドナの「威嚇」を使ってリヴァイアサンのターンを先送り、クリスマスヘラのギガグラを使って、リヴァイアサンのHPを30%削ります。

 その後は、リヴァイアサンに5回行動させる前に、HPを削りきります(リヴァイアサンは5回目の行動で54640ダメージのかみ砕くを使ってくる。このパーティーのHPでは持ちこたえられない)。火ドロップの4個消しを含むコンボを何回か作ることで、それまでに倒すことができました。

創樹妃 地獄級 第5戦
 ボスの覚醒ヘラ・ベオークが出現します。先制で「光合成」を使って、10ターンの間光属性攻撃を吸収するようになります。

Pdr_img1260.png

 火ドロップ変換が使えるようになるまで、覚醒ヘラ・ベオークのHPを50%以下に減らさないように気をつけながら持ちこたえます。火ドロップ変換を使えるようになったら、火ドロップ変換、火エンハンスを使ってから、火ドロップの4個消しを複数組作ります。覚醒ヘラ・ベオークの光合成の効果が続いているので、光ドロップは消さないようにします。火ドロップの4個消しを2組含むコンボを作れたことも有あり、覚醒ヘラ・ベオークのHPを全て削って倒すことができました。なお、今回は覚醒ヘラ・ベオークからのタマゴのドロップはありませんでした。

 これで、「ヘラ・ベオーク降臨!」の地獄級については、ノーコンクリアできました。

Pdr_img1261.png

 ヘラ・ベオークをゲットするためにその後も何回か「ヘラ・ベオーク降臨!」の地獄級に入場しましたが、第4戦のリヴァイアサンのスキル封印を弾けた場合はクリアできたものの、スキル封印を弾けなかった場合は、リヴァイアサンにやられてばかりでした。安定してクリアするにはスキル封印対策が必要と感じました。なお、今回はダンジョンの出現時間終了までに、ヘラ・ベオークをゲットすることはできなかったです。

「ヘラ・ベオーク降臨!」のダンジョン攻略法の情報を集めるついでに、「ヘラ・ベオーク降臨!」をノーコンで攻略している記事や動画についてのまとめも作りました。

「ヘラ・ベオーク降臨!」ノーコン攻略情報(記事・動画)[パズドラ]

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする