ヴァンパイアデュークの闇3倍チームで、「天へと続く塔」(チャレンジモード)を全フロアクリア[パズドラ]

 常時闇属性攻撃を3倍にできるリーダースキル+闇属性モンスター中心のチームは強力です。しかも、ヴァンパイアデュークは本人が回復ドロップを闇ドロップに変換できるスキルを持っているので、このスキルで確保した闇ドロップをまとめて消すことで高火力の闇属性攻撃ができることに加え、弱点である闇ドロップ切れにもある程度は備えることができます。

 闇3倍チームを組めるようになってからは、特に有利属性である光属性中心のダンジョン攻略の難易度が大幅に下がったように感じました。

 今回は長い間放置していたチャレンジモードでの「天へと続く塔」を闇3倍チームで試してみることにしました。以前、チャレンジモードでの「天へと続く塔」ダンジョンに挑んだことがありますが、リーダースキル1つだけでは火力を確保できないことからボスや中ボスをなかなか倒せずに、そのまま放置となってました。

 
 入場する前のチーム編成ですが、5枠中4枠は闇属性モンスターの中で闇ドロップ変換や、闇属性の攻撃力アップのモンスターを中心にチームに加えていきます。残りの1枠は属性関係なく、エキドナやオロチといった敵モンスターの攻撃を先延ばしするスキル持ちを入れます。

 闇3倍チームでチャレンジモードの「天へと続く塔」に入場して戦った感じですが、闇ドロップを1組(3つ以上)でも消すことができれば、闇属性の攻撃力が3倍になることに加え、チーム内に闇属性モンスターが多くなっていることから、かなりの火力を出すことができて、敵モンスターを残り1~2体にしてしまいました。敵モンスターが全て光属性だったり、5つ以上つなげて闇ドロップを消して全体攻撃を発生させた場合は、1ターンで倒しきることもできました。

 道中は問題なかったので、次は中ボス・ボス戦です。今回のチーム編成の場合は、「闇ドロップを変換するスキル+闇属性の攻撃力アップスキル」の組み合わせ、もしくは「闇ドロップ変換スキル+敵モンスターの攻撃を先送りするスキル」の組み合わせのどちらかをそれぞれ1戦づつで使うことによって、全てのフロアについてボスもボスも倒すことができました。

Pdr_img0520.png

Pdr_img0521.png

 このようにして、最後のフロアのボス・ヴィーナスまで倒せたことによって、チャレンジモードでの「天へと続く塔」全フロアをクリアすることができました。闇ドロップさえ切らさなければ、闇3倍のリーダースキルは強いです。

Pdr_img0522.png

 次の「天上の海原」のチャレンジモードについても、出現するモンスターは水と光属性だけなので、最終フロアのネプチューン対策(毒スキルや防御力を0にするスキル持ちをチームに入れておく)を忘れなければ、闇3倍チームで何とかなるかもです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする