ノーマルダンジョンを先に進み、オケアーノ大瀑布とクローノス大密林をクリア [パズドラ]

 これまでモンスターBOXのスペースを確保するために、通常モードで一度クリアしたノーマル・テクニカルのダンジョンをチャレンジモードでもう再度クリアすることで魔法石を回収してました。チャレンジモードによる魔法石の回収も、これまでクリアしたダンジョンについてはほぼ片付いたので、ノーマルダンジョンを先に進むことにしました。

 ノーマルダンジョンは5巡目の火属性ダンジョンのヒュペリオ溶岩河の最後のフロアまでクリアしているので、今回は次のオケアーノ大瀑布の最初のフロアからの入場になります。

 ノーマルダンジョンも5巡目に入り、出現するモンスターからの攻撃もかなり痛くなっているので、攻撃を受ける前に一掃できるように、HPが80%以上(こちらのゲージのHP表示が緑か青)で神タイプモンスターの攻撃力を3.5倍にするいざイザナギをリーダーにします。それから、5巡目に入ってから、神化の○面も顔を見せるようになったので、神タイプモンスターの中から副属性持ちを選んでチームに加えることで、手数を増やして神化の○面に対処できるようにします。それから、ボスが複数出現するフロアに入る場合は、3ターンの間全体攻撃が可能になるスキルを持つバステトもしくは31バステトを入れるとボス戦が楽になります。助っ人についてはフレンド状態の方で、HP増加系や攻撃力アップ系のリーダースキルを持っている中から選びました。

 このようなチームを組んだ上で、5巡目のダンジョンを進んでいきます。HPが80%以上を確保できていれば、リーダースキルによる攻撃力3.5倍効果によってサクサク倒していけますが、ドロップを上手い具合に消さないところで一撃を食らうと、HPが80%を割り込んでリーダースキルの効果が消えしまい、ガクッと火力が落ちてピンチになります。こうなったら、回復ドロップを消してHPを80%以上に回復させてリーダースキルの効果を復活させることを最優先にします。そして、ボスまでたどり着いたら、1ターン限定で神タイプのモンスターの攻撃力を2倍にするイザナギのスキルを使ってから、できるだけ多くのドロップを消して一気にボスのHPを削ることを狙います。ここで複数のモンスターが出現する場合は、バステトもしくは31バステトのスキルを使って、3ターンの間全体攻撃化してから攻撃することで、まとめて削るようにします。こんな感じで各フロアのボスを倒して、そのフロアをクリアしていきました。

 コインに余裕が出てきたので、土日は金策用のダンジョンに入るのをほどほどにして、その分ノーマルダンジョンを進むのにスタミナを使ってました。土日2日間で水属性のオケアーノ大瀑布を全フロアクリアし、それに引き続いて木属性のクローノス大密林も何とか全フロアクリアできました。

Pdr_img0239.png

Pdr_img0240.png

 5巡目というだけあって、オケアーノ大瀑布、木属性のクローノス大密林の両者ともに最終フロアのボスが結構強く、何とかギリギリで倒せた状態でした。リーダースキル2つでも苦戦したのに、リーダースキルを1つしか使えないチャレンジモードでクリアできるだろうかと感じさせられました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする