「極夜の塔」のボスは「HPが多く、防御力が紙」でした。[パズドラ]

 最初は☆5以上の光属性モンスターが揃ってからの攻略を考えていましたが、ちょうど「ドロップ率1.5倍」の効果がついていたので、現状の戦力で「極夜の塔」を試してみることにしました。

「極夜の塔」で出現するモンスターは水属性と闇属性なので、属性が有利になるように木と光の属性でチームを編成します。リーダーにはクシナダヒメを配置します。水属性モンスターに対して有利な木属性であることに加えて、コンボによる攻撃力アップを狙う目的もあります。

「極夜の塔」に入って戦った感じですが、属性的に有利になるようなチーム編成に加え、クシナダヒメのリーダースキルで攻撃力がコンボで次々上昇していくこともあって、思ったよりもサクサク進んでいくことができました。「陽を知らぬ道 」~「誘惑の宴 」については、道中の戦闘はもとより、ボス戦も難なくこなせました。

Pdr_img0116.png

 しかしながら、最終フロア「青の守護龍 」のボス・リヴァイアサン戦は苦戦しました。下調べをせずに、今回のボスも「陽炎の塔」の最終フロアのボス・イフリートと同様に「防御が異常に高い一方でHPが少ないタイプ」と踏んだまま入場してしまいました。そして、ボスとの戦闘に突入してから調べたところ、こちらは「HPがハンパでなく高く、その一方で防御力が0」とイフリートとは真逆のタイプでした。このような敵モンスターを相手にする場合は、助っ人にフレンド状態のクシナダヒメを連れてくる必要がありました。

Pdr_img0117.png

 それでも、何回か運良くコンボを発生させられたおかげで、ギリギリ倒すことができました。今後、育成用モンスターを確保するためにこのフロアに通う場合は、フレンド状態のクシナダヒメを連れて入場するなど、HPが高いモンスターを相手にする編成で臨むようにしたいです。

Pdr_img0118.png

「極夜の塔」を最後までクリアしたことから、魔法石をもらうとともに、次の「森羅の塔」に入場できるようになりました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする