羽の生えているお嬢様からの依頼

 ここ最近リアルで山積みになっていることが多かったので、ECOでの活動がほとんど休眠状態になってました。時折インすることはありましたが、もてなしタイニーのスタンプをもらうだけだったり、露店に商品を並べてそのまま落ちたり。先月末のアプデで8月イベントに変わりましたが、ロアイベントに着手したのは、アプデから1週間以上経過してからでした。

 まずは依頼人に会うために、アップへと向かいます。今回の依頼人は、少しきつい感じがする羽の生えているお嬢様です。真紅のドレスがなかなか萌えさせてくれます。

eco_img0240.JPG

 アップで依頼人と会うと、いつもと同様に、紙芝居屋の登場→何でもクエストカウンターに自動的に移動となります。今回はどうやら錬金術師の話のようです。錬金術師といっても、ふぁーふぁー系の2次職のアルケミストとは異なる雰囲気です。

 何でもクエストカウンターで依頼を受けたら、解決のために動き回ることになるのですが、今回は8月イベントということもあって、アップの空き屋敷が舞台です。この空き屋敷は、過去に「ナニカガスムイエ」や守護魔ハヅキのイベントが行われた場所でもあります。

 この空き屋敷の奥の部屋に行くと、本棚のところに今月のロアのパラケラスス(錬金術師として有名です)がいました。そして、パラケラススに話しかけると、突然今回の依頼人が本棚の中に吸い込まれてしまいます。2階の部屋でカギを拾ってから、本棚のところに戻ると、本棚が開いて隠された部屋に入ることができます。そこには先ほど吸い込まれた依頼人がいました。

eco_img0241.JPG

 隠し部屋でパラケラススたちと話していると、物語とロアの間の整合性が取れなくなったことで、パラケラススが消えてしまいます。その後で、何でもクエストカウンターに戻ってから、紙芝居屋がロアの存在と整合性が取れるような話に修正することで、無事にパラケラススが復活します。

eco_img0242.JPG

 こんな感じで、現時点でのキャラ全員(12キャラ)について、ロアイベントを消化してきました。昨日になって、やっと最後の1人分を済ませることができました。ロアイベントが済んだので、今度はテストサーバーである「なんでもECO!ザ・ワールド」に行こうと思っています。無限回廊の練習や検証もできそうです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする