DEMチュートリアルがリニューアル[DEM 検証]

 4月末のアプデでDEMチュートリアルがリニューアルされたということで、検証用のDEMを作って新しいチュートリアルを見るとともに、序盤~「真の顔」イベントまでをたどりながら、そこまでのDEMでの活動について検証することにしました。

 新しくなったDEMチュートリアルをやってみましたが、DEMICについての解説(実際にチップをセットする)や、EPクエの受注のしかた、さらにはDEMパーツの強化方法などが追加されていました。一連のチュートリアルを通じて序盤向けのパーツのチップをもらえるようになったことに加え、DEM向けのLv30以下の無料支援アイテムも色々使えるようになったことで(チュートリアルでも渡されます)、なんか至れり尽くせりになってきた感じでした。

eco_img0170.JPG

 それから、3種族だけでなく、DEMについてもチュートリアルを通じて(正規の)通行証をすぐもらえうようになったことで、別のイベントで入手できる偽造通行証は完全に空気です。偽造通行証というよりも何でも屋の会員証と言ったほうがいいかもです。何でも屋の商品追加は、偽造通行証をイベントを済ませている必要があるので。

○チュートリアル終了~Lv20
 チュートリアルでも触れられた酒屋のEPクエ「【EP】落し物を届けて…」を何度か消化します。酒屋で受注したら、ダウンタウン北東にいる「セイラ」(わてたんへの転職イベントでお世話になる方です)から「落し物のポーチ(クエスト)」を受け取り、アップにいる「じいさんの子供」にそれを届ける運搬クエです。Lv21になるとこのクエが受注できなくなるので、コストリミットへのEP投入を上手い具合に調整しながら、可能な限りの回数をこなすようにします。

 この段階では、アップとダウンの往復のみで戦闘などはないので、DEMICやパーツはチュートリアル終了時点のまま全くいじる必要はないです。

○Lv21~30
 この時点でもDEMICはそのままで問題ないです。このLv帯ではマシナフォームでチップをがっちり組んだ状態よりも、ノーマルフォームで憑依装備を着用したほうが頑丈だったりします。

 Lv21になると、最初の「【EP】落し物を届けて…」が受注できなくなるので、ノーザンプロムナードに移動して、「【EP】花に想いを託して」のクエを消化していきます。ノーザンプロムナードの街から出てすぐのMAP「ノース中央山脈」にいる「散歩中のアイシー」から「クリスタルローズ(クエスト)」を受け取り、西隣のMAP「永遠への北限」のイグルーの中にいる「イワン」に届ける運搬クエです。このクエからは十分に育ったドラゴなどの騎乗ペットがいると楽になります。ノーマルフォームのままペットに乗って行ったり来たりしていればスムーズにクエを消化していけます。もし育った騎乗ペットがいない場合は、憑依装備を着用してHPを上げるなどしてからやったほうがよろしいかと思います。アクティブmobに追いかけ回されることもあるので、人の少ない時間帯に集中してこなすのがいいかもです。

eco_img0171.JPG

 この時点で、「十分に育ったドラゴ」に加えて「属性スクロール」(属性盾以外)も確保できているならば、遺跡の白熊くんクエもいいかもです。チュートリアルでの分も含めてクエを4回ほどこなしていると、ダウンタウン北から遺跡に入れるようになります。

 クエを受けてインスDに入場し、白熊くんのいるエリアに到着したら、ドラゴから下りた状態で属性スクロールを使って白熊くんに1以上のダメージを入れ、後はドラゴに乗ってそのまま突撃すれば楽に倒せます。憑依装備を着用することでHPが1,000ぐらいまで増えていれば、スクロールの詠唱中~攻撃が入ってドラゴに乗るまでの間に何度か攻撃されても簡単には倒されなくなります。また、白熊くんは水属性のため、ドラゴに乗ってから火コロンを使うと倒すまでの時間を短くできます。

 白熊くんクエはもらえるEPが30(EPふえーるで60)なので、かなり美味しいです。しかしながら、大人数(15キャラ以上)のリングに所属しているなどの場合でなければ、EPがあふれてしまってにEPふえーるの恩恵を十分に生かすことができなくなります。
eco_img0172.JPG

 こんな感じでEPを確保してコストリミットに投入することで、Lv30まで上げていきます。Lv31以上になると無料支援アイテムが使えなくなるので、31以上にしないようにEP投入を調整します。ここでクエ回数が十分にたまるまでは、EP投入はいったんお休みにします。よほどの急ぎでない限りは、各種の序盤イベントを消化したり、他のキャラを動かすなどしながらクエ回数がたまっていくのを待つようにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする