転生ミネルヴァで、「光の護神龍【7×6マス】」(ヒカりん必須)をソロでノーコン![パズドラ]

 新しく「護神龍」シリーズのダンジョンが登場。「護神龍」シリーズのモンスターは、同属性の明王の神と同じスキルを持っているので、明王の神のスキル上げに使えます。

「護神龍」シリーズの第1弾は、「光の護神龍・ホクライ」 がボスとして出現する「光の護神龍【7×6マス】」です。この「光の護神龍【7×6マス】」は、中級~超地獄級までの通常のフロアに加え、ヒカりんを入れたパーティーでなければ入場できない「ヒカりん必須」フロアがあります。

「光の護神龍【7×6マス】」をソロでノーコンできる!攻略記事・動画[パズドラ]

 まずは、練習も兼ねて、通常のフロアを超地獄級まで全てノーコンでクリアしてきます。通常フロアが全て終わったら、パーティーにヒカりんを入れて、ヒカりん必須フロアの攻略に取りかかります。

 ヒカりん必須フロアの攻略は、次のような、リーダーとフレンドを転生ミネルヴァにしたパーティーで行いました。

L:転生ミネルヴァ
F:転生ミネルヴァ
S:焔剣の勝利神・フレイ
S:転生バーンフェニックスナイト・ホムラ
S:ヒカりん
S:紅蓮華の女傑・エキドナ

「光の護神龍【7×6マス】」は、光属性モンスターが多く出現するので、火光闇からのダメージを4分の1にできる転生ミネルヴァパーティーであれば、かなり安定して戦えるようになります。

大塚商会はドメイン取得費・維持費が0円。期間限定、お得なキャンペーン実施中!

 
光の護神龍【7×6マス】 第1戦
Pdr_img1498.png

 闇の番人が出現し、先制攻撃してきます。覚醒ミネルヴァのリーダースキルで、ダメージを4分の1に軽減できるため、4,220ダメージで済みます。
 ここの闇の番人は、金曜ダンジョン「黄金兵」に登場する闇の番人とほぼ同じです(HP25%以下になると、ビッグランスを使ってくる)。火光同時消しによる36倍攻撃を出すことで、ワンパンできました。

光の護神龍【7×6マス】 第2、3、5戦
Pdr_img1499.png

 黄金の鬼神面、フロストデビル、ハーピィデビル、神秘の仮面、水の小鬼、雷の小鬼の中から、ランダムで4体出現します。

 水属性モンスターからのダメージは、転生ミネルヴァのリーダースキルで軽減できないので、水属性モンスターを優先して倒していきます。

 黄金の鬼神面は、攻撃してくるまで十分に余裕があるため(最初のターンでは、必ず攻撃力アップスキルを使う)、他のモンスターを片付けて、黄金の鬼神面のHPを残り僅かにしたら、攻撃してくる直前までスキル溜めをしておきます。

光の護神龍【7×6マス】 第4戦
Pdr_img1500.png

 光天獄・ハーピィデーモン、水皿の神使・河童が出現します。長期戦になると、バインドなどのヤッカイなスキル攻撃が来るので、最初のターンで火光同時消し(火は4個以上まとめて消す)をすることで、両方ともワンパンします。

光の護神龍【7×6マス】 第6戦
Pdr_img1501.png

 巨大イナゴ(水の蟲龍・デッドジャンパー)が出現し、「蟲龍の鋼甲殻」(10ターンの間、3コンボ以下の攻撃を吸収)のスキルを先制で使ってきます。苦手属性の水を相手にすることに加え、3コンボ以下吸収があるため、この水の蟲龍・デッドジャンパー戦が最大の難関になります。

 エキドナの威嚇スキルは、ここで使います。それから、火と光の両方を含んだ4コンボ以上を連続して作ることにより、水の蟲龍・デッドジャンパーが攻撃してくる前に、HPを全て削って倒せました。

光の護神龍【7×6マス】 第7戦
Pdr_img1502.png

「光の護神龍」のボスである、光の護神龍・ホクライが出現します。先制で状態異常を999ターン無効化するとともに、盤面を5色+回復ドロップに変換してきます。

 転生ミネルヴァのリーダースキルにより、火光闇からのダメージが4分の1になるので、前回の水の蟲龍・デッドジャンパーに比べれば、大幅に楽になります。

 光の護神龍・ホクライは、根性特性が付いているので、ほどほどに攻撃しながら、HPを50~70%まで削って、根性特性を解除します。根性特性を解除したら、火ドロップ変換スキルで可能な限り火ドロップを確保し、光ドロップともに、これらの火ドロップをまとめて消して攻撃することで、光の護神龍・ホクライの残りのHPを全て削って倒せました。

 これで、ヒカりん必須フロアについても、ノーコン達成となりました。

Pdr_img153.png

 ヒカりん必須フロアをクリアしたことで、運営からぷれドラがもらえました。

 光の護神龍・ホクライと同じスキルを持つ、金剛夜叉明王はまだゲットしていないので、「光の護神龍」ダンジョンについては、今回はこれで終わりにします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする