ゴッドフェスでガチャを引くために「魔王の城」を攻略

 9/14の15:00~9/15の14:59まで、レアガチャを引いた場合に神系の強力なモンスターの出現率が大幅にアップする「ゴッドフェス」が開催されます。

 私の現時点での魔法石の在庫は8つで、Androidリリース1周年記念で明日入手する分を合わせると9つになります。あと1個何とか確保して10個にできれば2回レアガチャに挑戦できるようになるので、何とかあと1個は工面したいところです。

 ということで、思いきって「魔王の城」を最後までクリアし、初クリアによる魔法石ゲットを狙うことにしました。「城門」までは済んでいるので、「魔女たちの舞踏会」~「暗闇の王」までの4つのフロアをクリアしていくことになります。

「魔女たちの舞踏会」はボスが火のエキドナと闇のリリスなので、こちらは水と光のチームを組んで当たります。「魔獣の檻」はボスが木のドラゴンナイト、水のシーサーペント、光の白龍なので、こちらは木と闇を中心にすれば苦手属性を無くした上で、木属性モンスター

でシーサーペントに、闇属性モンスターで白龍への大ダメージを狙えるようになります。「王を守る者」は、ボスが火のフェニックスナイト、水のフェンリルナイト、闇のダークドラゴンナイトなので、火と光中心のチームだと苦手属性を無くせて有利に戦えそうです。

Pdr_img0022.png

 属性も考慮した上での強そうな助っ人を見つけたときに、このような感じで「魔女たちの舞踏会」~「王を守る者」をクリアして行きました。残すは最後の「暗闇の王」のみです。

「暗闇の王」はボスが3体(ヴァンパイアロードとバシリスク×2)とも全て闇属性なので、光中心のチームを組みます。強そうな光属性の助っ人が出現したら、連れてダンジョンに突入します(良さそうな助っ人が出るまで、かなり粘りました)。
Pdr_img0023.png
 今回のチーム編成です。

「暗闇の王」はバトル回数が10回と増えているので、何とか持ちこたえながらボスのところまでたどり着きます。バトル回数が多くなっていることで、経過するターン数が増えて、ボスまでにスキルを溜めやすくなる面もありますが。

 ボスと遭遇したら、ガードブレイクで敵の防御力を下げてから、ダメージを与えるスキルを全て使って、できるだけ敵のHPを削っておきます。今回の助っ人が光属性の全体攻撃を持っていたので、最初のターンで結構削れました。その後、光属性のドロップを5つ以上+他の属性のドロップについても3つ並べたものをいくつか作ることで、光属性の全体攻撃を連鎖で強化して、2体のバシリスクを片付けます。

Pdr_img0024.png

 バシリスクが片付いたら、残すはヴァンパイアロードです。ヴァンパイアロードはHPや防御力がかなり高いので、光属性を含む3連鎖以上を発生させて、敵のHPを大幅に削ることを狙っていきます。ヴァンパイアロードの攻撃は3,000以上のダメージになるので、クシナダヒメの「聡明なる神護」が使えるときは惜しまず使ってダメージを軽減し、そうでない場合は、攻撃を受けた次のターンは回復ドロップを3つ並べて回復ですが、ついでに他のドロップもいくつか並べて連鎖させて、回復量アップを狙います。この戦闘は、攻撃も回復もいかに連鎖を発生させられるかにかかってました。

 このようにして、何とかヴァンパイアロードのHPを削りきって、「暗闇の王」をクリアすることができました。これで「魔王の城」のダンジョンは全てクリアとなります。スタートしてからまだ課金していない(それ以前に、スマホを始めたばかりなので、GooglePlayにお金をチャージする方法がわからない)ですが、何とかここまでたどり着けました。チュートリアルで粘って、クシナダヒメを出せたことがかなり大きいです。3連鎖以上で攻撃力がアップするリーダースキルと、次のターンに敵から受けるダメージを1/4にできる「聡明なる神護」にはかなり助けられてます。

Pdr_img0025.png

「魔王の城」初クリアということで、魔法石1個をゲットです。これで翌日のログインでAndroid1周年キャンペーンの魔法石をもらうことができれば、手持ちの魔法石は10個になるので、ゴッドフェス中にレアガチャを2回引けることになります。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする