[プログラミング]完全無料のC#レッスンをつまみ食い。いずれUnityを使えるようになりたい。

 昨年の終わりぐらいから各種プログラミング言語をつまみ食いして回ってます。
 もっとも、それぞれのプログラミング言語をつまみ食いしながら回ってみないと、自分にとって相性が良い言語を見つけられないという理由もあります。

 今度のつまみ食いはC#です。

 プログラミング学習サイトpaizaでは、python3だけでなく、C#についても完全無料でレッスンが公開されています。

paizaのC#レッスン。最後まで完全無料。

C#入門編

 このpaizaのC#レッスンでは、「Hello world」の表示に始まり、変数、四則演算、条件分岐、繰り返し、標準入力、配列と連想配列、関数、クラス、そして最後の例外処理までを無料で学べるようになってます。

 せっかく無料公開されているので、少し前にはPython3のレッスンを最後まで一通り済ませてきました。そして、今回はもう片方のC#のレッスンを回ります。

 今回C#をやってみた感じですが、組み込み関数の最初を大文字で書く、配列とリストが別扱いといったC#独特のシステムがあるものの、だいぶJavaScriptやJava、PHPと似通っている感じでした。

 コードの最後をセミコロンで締めくくるところや、条件分岐や繰り返し処理で、カッコ()内に条件式、波カッコ{}内に処理を書くところが、JavaScriptやJava、PHPの3言語と同じ。C#がある程度使えるようになっていれば、JavaScriptやJava、PHPを学ぶ場合に応用が利くかもしれない。

 C#独特のシステムや書き方に慣れる必要があったものの、関数までは特に問題もなく進みました。

 そして、まだまだ苦手意識が抜けないクラスについては、いくつかのプログラミング言語のレッスンで何度も回ってきたことで、ようやくクラスについての概要をつかめてきた気がします。

 C#のレッスンを開始してから3~4日ほどで、最後の課題である例外処理まで終わりました。

 C#のレッスンが一通り最後まで終わったので、次は演習問題を数多く解いて慣れていく段階になります。まずはpaizaのレベルアップ問題集のCランクまでを、C#についても一通り済ませることが目標。

 それから、ある程度C#を使いこなせるようになったら、ゲーム開発に使われるUnityを始めとした、C#関係の各種フレームワークもやってみたい。どこかにUnityで何らかのモノ(ゲームなど)を作っていくレッスンがないだろうか?

にほんブログ村 ゲームブログへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする