ヘラ先輩の熱烈な歓迎再び!「私立パズドラ学園」(青春)を火アメノウズメ&覚醒ミネルヴァPTでノーコンクリア[パズドラ]

 今年の4月に新学期イベントとして登場した「私立パズドラ学園」が復活し、10/12 0:00~10/18 23:59の間、スペシャルダンジョンに出現します。前回は超級フロアまでクリアするのがやっとでしたが、手持ちのモンスターが育ってきているので、青春(地獄級相当)以上のフロアも試すことにしました。

 青春フロアの攻略用に組んだPTは、火アメノウズメ&覚醒ミネルヴァの火属性PTです。攻撃力が8.75倍(HP50%以上)になることに加え、光と闇属性からのダメージを半減できます。「私立パズドラ学園」は、光と闇属性のモンスターの割合が多いので、覚醒ミネルヴァのリーダースキルによるダメージ半減があると、攻略がかなり楽になりそうです。

L:岩戸の芸女神・アメノウズメ
F:覚醒ミネルヴァ
S:焔剣の勝利神・フレイ
S:バーンフェニックスナイト・ホムラ
S:絶世の紅龍喚士・ソニア
S:紅蓮華の女傑・エキドナ

 今回は火ドロップ変換を増やすために、いちごドラゴンの代わりに、絶世の紅龍喚士・ソニアをPTに入れました。

大塚商会はドメイン取得費・維持費が0円。期間限定、お得なキャンペーン実施中!

入学式 第1戦
 サンライトカーバンクル2体が出現します。光属性なので、覚醒ミネルヴァのリーダースキルでダメージ半減可能ですが、2体から連続して攻撃されると痛いので、攻撃順が回るまでに少なくとも1体は倒します。今回は攻撃される前に2体とも倒せました。

Pdr_img1084.png

入学式 第2戦
 進化済みの妖精さんが5属性の中からランダムで1体出現します。今回は木属性の木の精・リリーでした。戦闘に入ると先制でこちらのHPを満タンにしてくれます。

Pdr_img1085.png

 有利属性なので、HPを削りやすいです。HPを半分以下減らすとヤッカイなスキルを使ってくるので、半分少し残したところまで削り、そこから一気に削るようにします。必要に応じて、火ドロップ変換スキルも使います。

入学式 第3戦
 次元の魔術師・チェスターが出現します。戦闘に入ると同時に、ランダムで盤面のドロップ5つを毒ドロップに変換してきて、課題として盤面の毒ドロップ全て消すことを求めてきます。

Pdr_img1086.png

 最初のターンは最優先で盤面の毒ドロップを全て消します。毒ドロップを全て消すことができれば、次のターンは、3列目を全て回復ドロップに変換してくれます。

 その後は、次元の魔術師・チェスターのHPが10%を切らないように注意しながら削っていきます(HPが10%を切ると、即死攻撃が来ます)。HPが20~30%になったら、ドロップ変換なども使って、一気に削って倒します。

入学式 第4戦
 闇の龍剣士2体が出現します。

Pdr_img1087.png

 HP30%以下にしないようにしながら、どちらか1体を片付けます。残り1体にしたら、スキルを溜めなおしてから、こちらも倒して先に進みます。

入学式 第5戦
 生徒会長・ルシファーが出現します。生徒会長・ルシファーは高防御、低HPタイプなので、手数勝負で削っていきます。

Pdr_img1088.png

 生徒会長・ルシファーに5回目の順番が回ると、「明けの明星」(青春なら37,650ダメージ)を使ってきます。このPTの最大HPでは持ちこたえられないので、それまでに倒すようにします。ドロップ運が悪くて、ここで赤ソニアの陣を使ってしまいました。

入学式 第6戦
 ここでボスであるヘラ先輩の熱烈な歓迎です。戦闘に入ると同時に、スキル使用を1~2ターン先送りされてしまいます。

Pdr_img1089.png

 スキルが使用可能になるまでは、回復ドロップを消しながら持ちこたえます。スキルが使えるようになったら、エキドナの威嚇で攻撃を先送りし、火ドロップ変換、火エンハンスを使い、横一列を含むように火ドロップを消します。この攻撃だけでは削りきれなかったものの、ヘラ先輩に順番が回るまでに火ドロップを消して、何とか倒すことができました。

 これで「私立パズドラ学園」は、青春フロア(地獄級相当)までクリアできました。ヘラ先輩もドロップ!残るは超青春フロア(超地獄級相当)だけになりました。

Pdr_img1090.png

 超青春フロアのノーコンクリアに向けて、こちらに「私立パズドラ学園」(超青春)をノーコン攻略している記事や動画をまとめました。

「私立パズドラ学園」(超青春)ノーコン攻略情報[パズドラ]

 今回の「私立パズドラ学園」のイベント期間が終了する10/18までに、超青春フロアのノーコンクリアを達成したいところ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする