情報セキュリティマネジメント試験に合格。ようやく初心者卒業?

 ネット空間には、ウィルスや不正アクセスなどの脅威が蔓延。これらの脅威に備えるためには、 個人ユーザーも情報セキュリティ対策が避けては通れない。

 セキュリティ対策を怠ったばかりに、再入手困難な思い出画像・動画が消失したり、オンラインゲームのアカウントに不正アクセスされてゲーム内資産が失われたとなれば、泣くに泣けなくなる。

 情報セキュリティに関するスキルを身に付ける目的で、昨年は情報処理技術者試験の情報セキュリティマネジメント試験を狙って勉強し、令和元年の秋試験を受験しました。

 午前問題はすんなり解答できたものの、午後試験が異常に難しかったので、今回はやられたと思ってました。このため、受験を終えて帰ってきてからは、今回の 情報セキュリティマネジメント試験 のことはすっかり忘れて、プログラミングの学習に専念してました。

 そして、12月に入ってから、情報処理技術者試験を実施しているIPAから簡易書留が届きます。不合格なら何も連絡が来ないはずなので、まさかの合格!

 令和元年度秋の情報セキュリティマネジメント試験は難易度が異常に高かったらしく、合格ボーダーラインの引き下げ(通常の60点→46点)が行われてました。これによって通ったのかもしれない。

成績照会(IPA公式)

 これが今回合格した情報セキュリティマネジメント試験と、10年ほど前に合格した基本情報技術者の合格証書です。名前や番号などは個人の特定につながるので伏せてます。

情報セキュリティマネジメントと基本情報技術者の合格証書。

 今回情報処理セキュリティマネジメント試験に通ったことにより、2つあるスキルレベル2の試験は両方ともクリアしたことになります。

 これで、ITスキルについては、ようやく初心者卒業になるのかな?ECOでいったら、1次職をカンストさせてから2次職に上がったところかな?チュートリアルイベントが最後まで終わって、メインストーリー「君と歩く道」に入れるようになるあたり。

 今回の情報セキュリティマネジメント試験を振り返ってみます。

情報セキュリティマネジメント試験合格に要した学習時間

 200~300時間ぐらい。
 基本情報技術者試験に合格してから10年以上経過していることもあり、新しい規格の登場や法改正など、ITを取り巻く事情が大きく変わっている。これもあって、ほぼ1から学び直しになった部分が結構ありました。

情報セキュリティマネジメント試験で使った教材

・ニュースペックテキスト 情報セキュリティマネジメント(TAC出版)

Androidアプリ「情報セキュリティマネジメント問題集(全問解説)」
 にしむら工房が出している、Android機器用の情報セキュリティマネジメント試験の問題集。無料で利用可能。これまでの情報セキュリティマネジメント試験で出題された午前問題が解説付きで掲載。

情報セキュリティマネジメント試験ドットコム
 これまでの情報セキュリティマネジメントで出題された午前・午後問題に加えて、他試験区分の情報セキュリティに関する問題(午前・午後)も掲載されています。午後対策は、このサイトに掲載されている情報セキュリティマネジメント試験の過去問(平成28年春~平成31年春)を一通り解きました。

反省点

 今回の情報セキュリティマネジメント試験は、結果的に合格だったとはいえ、課題が多く残りました。

 何よりも、午後試験対策が不十分だった。
 これまでの情報セキュリティマネジメント試験の午後の過去問を一通り(平成28年春~平成31年春)済ませた状態で本試験に臨みましたが、かなりの苦戦を強いられました。他の試験区分の情報セキュリティに関する過去問もやっておくべきだったかも?

 加えて、情報セキュリティ対策に関する様々な事例に対応できるように、問題演習だけでなく、事例集などを読んでおく必要はあったと思う。

 最低限、IPAの情報セキュリティに関係するページ、JNSAが出している「MY CISO ハンドブック」「CISOハンドブック」は、軽くでもいいから一通り目を通しておくべきだった。

情報セキュリティ(IPA公式)

MY CISO ハンドブック(JNSA公式)

CISO ハンドブック(JNSA公式)

 情報セキュリティマネジメント試験が片付いたので、次は応用情報技術者試験を狙っていきたい。 応用情報技術者試験は、ITの幅広い分野について問われることに加え、午後試験が記述式になっているなど、半端でない難易度のようです。通るためには1,000時間ほどみっちりと勉強する必要がありそうです。

 ECOでいったら、2次110まで上げて手加減エミルドラゴン戦と武神戦を通過し、上位転生(3次職)を目指す感じになるのかな?


 

にほんブログ村 ゲームブログへ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする